ゆるトレ

海外FX業者でEA自動売買するブログ

海外FX業者を使うことは違法?ハイレバレッジでトレードしたい

海外FX業者といえば、いまや初心者トレーダーからベテラントレーダーまで、幅広く使われています。

というのも、海外FX業者の場合、ハイレバレッジやゼロカットシステムなど、トレーダーにとってはメリットしかない独自のシステムばかりです。

これらが多くの人気を集めている主な理由になりますが、言い換えれば、これらのシステムは国内FX業者ではできないということです。より厳密にいえば、日本の法律で禁止されているのです。

そこで気になることは、「海外FX業者を利用することは違法なのか」そもそも「海外FX業者が違法なのか」ということでしょう。

結論から言うとまったく違法ではありません。ここから海外FX業者は違法なのかについて解説していきます。

海外FX業者は違法?

海外FX業者 違法

25倍を超えるハイレバレッジとゼロカットシステム

海外FXの大きな魅力といえば、数百倍から数千倍という「ハイレバレッジ」と「ゼロカットシステム」です。

しかし、日本の法律ではレバレッジの上限は25倍であり、ゼロカットシステムは禁止されています。

では、海外FX業者は違法なのでしょうか。

結論から言うと、違法ではありません。

なぜなら、レバレッジ25倍や追証は日本の金融商品取引業に登録した業者のみに適用されるからです。

つまり、国外に拠点を置いているFX業者は対象外であり、法的な規制を受けません。それはそうですよね。関係ないことですからね。

 

しかし、内情は少々複雑なようです。金融庁のホームページに記載されている内容をご覧ください。

「海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)」

つまり、本来であれば日本国内のトレーダーに対して、金融商品取引を業として行う場合は日本の金融庁の登録が必要とのこと。

(日本で営業するなら)海外FX業者は金融商品取引業の登録をしなくてはいけないのです。

しかし、ほぼすべての海外FX業者は登録をしていないため、かなり有名な海外FX業者でも、金融庁から警告を受けています。

そのためか、海外FX業者のホームページには、下の方に小さく「わが社は日本人を対象にしていません」というような文言が散見されます。そもそも日本語版のホームページがあるわけですし、完全に建前であることは言うまでもありませんが、スタンスとしては「日本国籍の人が勝手に申し込んできました」みたいな感じでしょう。

まとめると、警告を受けているし、いつ規制されてもおかしくないが、現時点では違法ではないということです。

 

さて、そうなると、私たちがそのような業者と取引することは大丈夫なのかという新たな疑問が生まれます。以下では、それについて解説していきましょう。

日本国籍の人が海外FXを使用することは違法なのか

結論からいえば、これも違法ではないです。

なぜなら、私たち利用者はどこの業者を使おうと自由だからです。より正確には、そもそも利用者が特定のFX業者を使わなくてはいけない、または使ってはいけないというような法律がありません。そのため、どこの業者を使って取引しようが問題ないのです。

しかし、注意しなければならないことがあります。

話は少し変わりますが、それは、税金です。

海外FX業者は、部分的に日本の法律から外れているため、すべての日本の法律が適用外と勘違いしてしまう人がたまにいます。しかし、レバレッジやゼロカットは金融商品取引法の一部の話であって、税金に関してはまた別で定められているため納税はしなければなりません。また、海外FX業者を利用している場合と国内FX業者を利用している場合によって、課税方法が変わります。知らなかったといえども、脱税には重い罰則規定があるため、注意が必要です。

 

まとめ

結論的には違法ではないが、自己責任で利用しましょうということ。

海外FX業者を用いて取引をしても違法にはなりません。

もう少し踏み込んでいえば、海外FX業者自体は規制されるかもしれませんが、利用者は法律による罰則を受けませんのでご安心ください。

しかし、法律がないということは、逆に法的に守ってもらえないということです。

 

金融庁のホームページにある以下の文言をご覧ください。

「無登録の海外所在業者は、業務の実態等の把握が難しく、仮にトラブルが生じたとしても業者への追及は極めて困難ですので、無登録業者との契約は行わないようにしてください。」

要は、「トラブルがあっても助けられないよ」ということです。

 

つまり、海外FX業者を用いた取引は自己責任ということ。確かに、詐欺まがいな海外FX業者は存在するため、ある程度は自分で調べなければなりません。

とはいっても、有名な海外FX業者であれば安全であることは間違いありません。

日本の金融庁よりも厳しい審査基準でライセンスを付与されているFX業者もたくさんあります。

 

それよりも、自分のトレードスタイルがそのFX業者に合っているかどうかの方が重要です。レバレッジの25倍規制が定められた2011年から現在、レバレッジの上限を10倍にしようという動きがあります。多方面から猛反発があったため計画は頓挫しましたが、日本での規制が強くなりつつあることは明らかです。しかし、海外FX業者はその規制を受けません。

ハイレバレッジやゼロカットシステムはFXにおいてメリット以外のなにものないことは確か。安全な業者か見極めは大事ですが、これからも海外FX業者が人気になっていくでしょう。

MT4/MT5の違いとメリット・デメリットがはっきり知りたい

メタトレーダーにはMT4とMT5があります。

それぞれの違いとメリット・デメリットを紹介していきます。

 

FXやバイナリーオプションの取引ソフトととしてロシアで開発されたMT((MetaTrader)

海外のFX業者は主にこのメタトレーダーというプラットフォームを使い取引していきます。メタトレーダーにはMT4とMT5の2つのバージョンがあります。

メタトレーダーのMT4とMT5の違いについて解りやすく解説していきたいと思います。

まずはそれぞれの概要からスタートします。

MT4/MT5の違いとメリット・デメリット

MT4とMT5 違い どっちが良い

MT4とは

ロシアのメタクオーツ(MetaQuotes Software)社が開発・提供している取引プラットフォームのことを指します。FXだけでは無くさまざまな金融商品の取引に対応しています。

おもにFXの取引ツールとして世界中の多くのトレーダーに愛用されています。
その背景には、以前ですと高機能ツールを高額な費用をかけて導入していましたが、無料で高機能なツールが使えるため爆発的な人気を獲得しました。

MT5とは

MT5はMT4の後継としてメタクオーツ社が開発しました。
基本的にはMT4のアップデート版なのですが、動作スピ―ドの改善や時間足の種類の多さ等さまざまな改善がなされた次世代プラットフォームです。


MT4とMT5のスペックの違い

MT5が後継だからといって単純にMT5の方が優れているという訳ではありません。

それぞれの特徴やスペックをみていきましょう。

 

 

MT4

MT5

動作スピード

遅い

速い 

時間足

9種類

21種類

インターフェイス

普通

快適

標準搭載のインジケータ―

38種類

30種類

板情報

なし

あり

EAの数

豊富

少ない(徐々に増えてる)

取扱業者

対応

一部

 


それぞれの項目を詳しくみていきましょう。

 

動作スピード

後継ソフトなので当然MT4よりMT5の方がサクサク動きます。

MT4では画面がよく固まっていたのですがMT5は全く固まる様子もありません。

ストレスフリーで取引ができます。MT5が登場した当初は動作が重いとの評価もありましたが現在では余程のロースペックPCでない限りサクサク動きます。

 

時間足の種類

時間足の種類は、MT4が9種類に対してMT5が21種類と断然多くなっています。

MT4(1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足)
MT5(1分足、2分足、3分足、4分足、5分足、6分足、10分足、12分足、15分足、20分足、30分足、1時間足、2時間足、4時間足、8時間足、12時間足、日足、週足、月足)

チャートを細かく分析できるのはMT5ですね。
私の投資スタイルはスイングトレードなのでMT4でも問題はないのですが、デイトレードやスキャルピングで取引したい方はMT5は強い武器になります。

標準搭載のインジケーター

標準搭載のインジケーター数もMT5の方が8種類程多いです。
ただ私がいつも使用するインジケーターはMT4にも搭載されているのでさほど不便を感じません。

カスタムインジケーターとEAの数

もともと内蔵されているインジケーターの数はMT4が30種類、MT5が38種類でMT5の方が多いですが、カスタムインジケーターの数は圧倒的にMT4の方が充実しています。

MT5のカスタムインジケーターが普及しない理由の一つとして、MT5の開発言語の難易度が高い為です。

MT4は開発言語MQL4を使ってプログラミングされているのですが、MT5は開発言語MQL5を使います。

したがって互換性がない上に、未だに多くのプログラマーがMT4用のMQL4言語を利用している為MT5のカスタムインジケーターは少なくなっています。

自動売買を検討している方はMT4の方がEAを豊富に選べます。

しかし、MT5のカスタムインジケーターも徐々にではありますが増えてきています。

自分の使いたいEAやカスタムインジケータがMT5にもあるのなら選択肢に入れてもよいのではないでしょうか。

取引業者数

海外のサイトではMT4に対応している業者は多いのですが、MT5は比較的に少なめです。特に国内では、MT5に対応している業者は皆無に近いです。

メタトレーダーのサポート体制

MetaQuotesSoftware社はMT4の開発を終了したと宣言し、サポートも順次終了しています。の分MT5は頻繁にアップデートされ開発が進んでいます。


MT4がおすすめなトレーダー

現在でもEAの数が豊富で自動売買を検討している方はMT4がメインになるかもしれないですね。カスタムインジケーターもMT4にとって大きなメリットです。無料版も沢山ありいろいろ試せるのもMT4の魅力です。

自分の好みのEAやインジケーターを使いたい!!自動売買に興味がある方は迷わずMT4を使ってみましょう。

MT5がオススメなトレーダー

詳しくチャートを分析して戦略的にトレードしたい裁量トレーダーならMT5がオススメです。時間足がMT4よりMT5のほうが12個も多いのでより詳しく分析可能です。

動作が軽いのでスキャルピングやデイトレーダーにも最適です。MT4だとタイムラグがあったり、画面が固まってしまう事もあるのでストレスを感じる事がしばしば。

ストレスなく取引をしたいのであればMT5がおすすめです。


まとめ

今後は自動売買でもMT5が主流になる可能性が高いです。いえ、間違いないでしょう。

現状では自動売買という点ではMT4に軍配があがりますが、近年MT5対応のEAやカスタムインジケーターも増えてきました。


動作スピードや時間足の種類やインターフェイスの使いやすさ、バックテストの正確性、メーカーのサポート体制を考慮すると間違いなくMT5主流になってきます。

何より、メタトレーダーの開発がMT5しかアップデートが進んでいないのでMT5一択になる日も違いかもしれません。

 

為替FXトレード初心者は海外FX口座がおすすめな理由3つ

多くの初心者トレーダーは、国内のFX業者を使っています。

理由は様々ですが、一番大きいのは国内業者は安心感があるからだと思います。

やはりトレードを始めた頃は色々と不安ですし、自分のお金がリスクにさらされるとなると、より一層慎重になるのは当然のことだと思い


ます。しかし、そんな初心者トレーダーにこそお勧めしたいのが、「海外FX口座」です。

多い誤解として、「初心者は、海外FX口座はやめた方が良い」というものがあります。確かに注意すべき点はいくつかありますが、それ以上に海外FX口座でトレードをするメリットは大きいのです。

FX初心者は海外FX業者がおすすめ

海外FX口座 初心者 おすすめ理由

初心者トレーダーにとって海外FX業者のどこが良いのか。以下では、海外FX口座のおすすめポイントを3つ解説していこうと思います。

ポイント①:追証がない

追証とは「追加証拠金」のことで、簡単に言えば借金です。

「FXは危険」というイメージは、恐らくこの追証の存在が大きいでしょう。ネット上では、「借金が1,000万になってしまった」などという情報もあるため、この追証はFXを始める人にとっては大きな心理的壁になると思います。

しかし、海外FX口座ではなんと、この追証がありません。つまり、どれだけ大損をしても証拠金が0になるだけで、それ以下になることはないのです。

これは「ゼロカットシステム」というもので、海外FX口座が初心者からベテランまで人気な理由としてこのシステムの存在はかなり大きいです。

このゼロカットシステム、企業にとっては大損のシステムのように思えます。しかし、実は業者にも大きなメリットがあるのです。一般的にFX業者は、トレーダーの取引手数料から収益を得ています。そのため、業者からすれば、ゼロカットの安心によって高いレバレッジで多くの取引をしてもらった方が大きな利益を得ることができるわけです。また、海外のFX会社は追証を補填しても破綻しないシステムを構築しているため、その点も安全です。

資金を増やすために始めたFXで、借金を抱えることは最悪以外の何物でもありません。そのため、この最悪のリスクを回避できることは、海外FX口座の卓越した強みといえるでしょう。

 

ポイント②:ハイレバレッジでの取引が可能

ハイレバレッジ取引ができることも、ゼロカットシステムに並ぶ海外FX口座の大きな魅力です。なぜなら、少額の資金で取引ができるからです。

国内FX口座であれば、レバレッジは25倍までと法律決まっているため、1ドル100円のドル円を買おうとした場合、少なくとも証拠金は4万円必要です。

 

一方、海外FXの場合、レバレッジは数百倍まで引き上げられます。有名な海外FX会社「XM」の最大レバレッジは888倍という超ハイレバレッジです。この場合、1ドル100円のドル円を買うのに必要な証拠金は、1200円弱です。つまり、2000円あればFXができてしまうのです。逆にいえば、その分強制ロスカットまでに幅があるため、国内FX会社よりも余裕のある取引ができます。

多くの初心者トレーダーは、「ハイレバレッジはいけない」と学んでいると思います。理由は、高いレバレッジをかけることによって証拠金が吹っ飛び、最悪の場合借金を抱える可能性があるからです。

しかし、思い出してください。海外FX口座には追証、つまり借金がありません。

ということは、ハイレバレッジによる大損害を被らなくて済むのです。しかも、そもそも少ない証拠金で良いため、超低リスクで大きなリターンを狙うことができます。

もちろん、継続的な利益を狙うのであれば、このようなギャンブルトレードではいけません。しかし、それだけ資金的に有利なトレードができるということであり、このメリットは国内口座とは比べ物にならないといえます。

ポイント③:メタトレーダーでトレードができる

国内口座の場合、口座を提供している会社が独自に開発したチャートツールを使って取引をします。一方、海外FX口座は基本的に「MT4/MT5」というプラットフォーム式チャートツールを用いて取引をします。つまり、それぞれの海外FX会社が、MT4/MT5と連携することで、口座と紐づいたチャートがでトレードしているということです。

では、このMT4/MT5の何が良いかというと、「世界中のトレーダーが使っている」ということです。

実は、表示される細かいチャート動きは会社によって異なります。つまり、「会社Aのチャートでは抵抗線に価格が到達しているけど、会社Bのチャートは抵抗線に届いていない」ということがあるのです。FXでは他の市場参加者と同じポイントやタイミングでエントリーする必要があるため、少しのずれが大きな損失を招く場合もあります。

しかし、MT4/MT5は多くのトレーダーが使用しています。つまり、多くのトレーダーがMT4/MT5に表示された値動きやチャートの形を見てトレードをしているのです。そのため、MT4/MT5はかなり正確に抵抗線や支持線などの視覚的なツールが機能します。これも、国内FX会社では得られない大きな強みです。

ちなみに、MT4の進化版が「MT5」です。しかし、リリースされてしばらくたった現在も、あまり浸透していませんでした。現在はMT5が主流になりつつあります。

まとめ

海外FX口座は初心者に一番おすすめしたというポイントを紹介しました。

今回は「初心者トレーダーにとって」という内容でしたが、上級トレーダーにとってもこれらのメリットはかなり大きいといえます。

つまり、全トレーダーに海外FX口座はおすすめなのです。もちろん、国内FX会社とは違って、注意しなければならないこともあります。

そのため、それぞれのメリットデメリットを比較した上で、自分に合ったFX会社を選びましょう。

EA自動売買は本当に稼げる?FX裁量トレードで勝てない人へ

MT4/MT5(メタトレーダー)で運用できるEA自動売買は稼げるか?

結論から言うと稼げます。

ただし、EAの選択を間違えると稼げません。逆に負けまくります。

自動売買と裁量取引の違いとは?

EA自動売買 稼ぐ 勝てる

自動売買とは機械が人間に代わってトレードしてくれるシステムの事です。
あなたが仕事中に代わって設定したルールにのっとりトレードしてくれます。通常はスマホやPCで取引画面から発注するのですが、全て機械がやってくれます。
システムによる自動売買の反対が裁量取引です。
自分で取引通貨を決めチャートを見てエントリーも決済も自分で決める取引方法のことです。
裁量取引で収益を上げて行くには、様々なテクニカル知識、メンタル面、センスがないと勝ち続けるには難しいでしょう。

EA自動売買のメリット

EA自動売買のメリットをいくつか挙げます。

チャンスを逃さない

株式市場と違いFXは24時間取引が可能です。
24時間のうち最も活発に市場が動くのは日本時間で深夜から早朝にかけて。
その時間ずっとパソコンに張り付いていられる環境なら問題ないのですが、現実的ではありません。一定のルールを設定しておけば24時間あなたに代わってチャートを監視してくれます。

感情にながされない

FXに勝てるか負けるかはコレが一番大切といっても過言ではありません。
自分でルールを作っても実行できなければ全く意味がありません。
実際に損益が出てしまうと、これから上がるはずと変な自信が出てしまいロスカットするタイミングが遅れてしまいます。
その逆もしかり。収益がでるとすぐに確定したくなってしまいます。
これでは損益が大きく収益が小さくなってしまいます。これを繰り返すと強制ロスカット目の前です。

専門的な知識がいらない

一般的に裁量トレードを行う場合、過去のチャートを分析して取引します。
ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析で売買のタイミング決めてから売買します。
FXを安定して勝ち続けるためにはこのような分析が必要となってきます。

しかし、EA自動売買はそのような知識がなくとも全てシステムがあなたに代わってやってくれます。

EA自動売買システムを使えば、仕事中でもトレード行ってくれます。
一日画面に張り付くことなくシグナルをみつけてくれます。
また自分の感情に左右されないので、なかなか利益がでないと思っているかは自動売買に切り替えてみるのもひとつの手段となります。

EAの種類が豊富

EAといっても無料のものから有料のものまで豊富にあります。
星の数ほどあるEAの中から自分の投資スタイルにあったEAを選ぶことが可能です。

EA(Expert Advisors)のデメリット

EA自動売買もメリットだけでなくデメリットも潜んでいます。いくつか紹介します。

相場が急変した時に臨機応変に対応できない

急に相場が変わった場合柔軟な対応ができない時があります。
自動売買は完全に放置できるものではなく、その時の状況をふまえ設定をし直す必要があります。場合によっては別のEAに変える必要も出てきます。

EAそのものの設定が難しい

 MT4/MT5(メタトレーダー)と呼ばれる世界的に有名な取引ツールは慣れない人にとっては自動売買の設定が難しく感じることがあります。

EA自動売買を開始するには、自分で開発もしくは購入した自動売買プログラム「EA(エキスパート・アドバイザー)」をメタトレーダーに自ら組み込み稼働させる必要があります。
折角、高額なEAを購入してもMT4に組み込みできず使えないままという方もいます。
国内のFX業者の自動売買システムは比較的簡単に設定できるものが多いです。ただ、勝てるかというと疑問が残ります。

自分にあったEAを見つけるのが難しい

利点でもあるのですがEAは無料のものから高額なものまで豊富にあります。
バックテストやフォワードテストの性能、売り手のサポート状況などを考慮して選ぶ必要があります。

成績を良く見せようとしてバックテスト結果をいじる人も多くいるのが現状。なかなか勝てるEAを探すのはむずかしいです。

※バックテスト:過去の実績をもとにEAがどのような成績をあげるか検証したもの
※フォワードテスト;リアルタイムでの成績をだしたもの

EAの勝率は100%ではない

 相場は生きもの。どんな状況でも100%勝てるEAは存在しません。
 政治や経済状況で相場はガラッと変わっていきます。午前中は収益が出ても午後からいきなり損失が出る事だってあります。
 日頃からニュースや情報に敏感になるように心がける必要があります。

EA(Expert Advisors)の効果的な活用方法

相場状況が変わってしまうと、今使っているEAが上手く働かず損失をだしてしまう時があります。その時はエントリー手法が異なるEAを同時に動かします。
例えば今使っているEAは順張りでしたら、逆張りタイプのEAも同時に動かします。
投資スタイルに限らず通貨ペアでも当てはめる事ができます。
バランスよくEAを稼働させることでリスクヘッジができバランスよく運用することができます。

EA(Expert Advisors)初心者が導入すべきか?

初心者がFXで勝ち残っていくにはかなりの投資経験を必要とします。

知識や相場観、感情をコントロールするメンタル面の強さなど必要とされるスキルが沢山出てきます。
副業でFXを行う場合どうしても時間の壁がたちはばかります。トレードをして相場観を養う、投資の勉強をし実践の中で自分の勝ちパターンをみつけるには多大な時間を要します。

しかし、EAを導入すれば、もうすでに成功しているロジックがシステムに組み込まれているのでおのずと勝率が上がります。

裁量トレードは最初から学ぶより効率的に収益をあげることが可能になります。

EAのメリット・デメリットを考慮し自分のスタイルにあったEAを選ぶことが収益をあげる最短の近道です。

どんなEAが勝てる?

結局、どんなEAが勝ち続けることができるのか?

トラリピ系EA(トラリピやハーフ&ハーフなど)などリピート系EAであれば半永久的に稼ぎ続けることができます。

これはずっとEAを使い続けてきた結論です。

 

テクニカル系のEAは初め調子良くてもかならず使えなくなります。

これは仕方のないことですけど。

そのたびにEAを選定しなおして、ポートフォリオからEAを入れ替えてなどの作業をしていたらせっかくの自動売買が意味なくなってしまいます。

 

私は現在トラリピ系のEAで勝ち続けています。

トラリピ系EAは自分で通貨ペアもトラップを仕掛けるレートも決められるので資金管理も計算しやすいのも利点。

 

何より、含み損があってもストレスにならないのが自分にとってはとても合っていると感じています。