ゆるトレ

海外FX業者でEA自動売買するブログ

海外FX業者を使うことは違法?ハイレバレッジでトレードしたい

海外FX業者といえば、いまや初心者トレーダーからベテラントレーダーまで、幅広く使われています。

というのも、海外FX業者の場合、ハイレバレッジやゼロカットシステムなど、トレーダーにとってはメリットしかない独自のシステムばかりです。

これらが多くの人気を集めている主な理由になりますが、言い換えれば、これらのシステムは国内FX業者ではできないということです。より厳密にいえば、日本の法律で禁止されているのです。

そこで気になることは、「海外FX業者を利用することは違法なのか」そもそも「海外FX業者が違法なのか」ということでしょう。

結論から言うとまったく違法ではありません。ここから海外FX業者は違法なのかについて解説していきます。

海外FX業者は違法?

海外FX業者 違法

25倍を超えるハイレバレッジとゼロカットシステム

海外FXの大きな魅力といえば、数百倍から数千倍という「ハイレバレッジ」と「ゼロカットシステム」です。

しかし、日本の法律ではレバレッジの上限は25倍であり、ゼロカットシステムは禁止されています。

では、海外FX業者は違法なのでしょうか。

結論から言うと、違法ではありません。

なぜなら、レバレッジ25倍や追証は日本の金融商品取引業に登録した業者のみに適用されるからです。

つまり、国外に拠点を置いているFX業者は対象外であり、法的な規制を受けません。それはそうですよね。関係ないことですからね。

 

しかし、内情は少々複雑なようです。金融庁のホームページに記載されている内容をご覧ください。

「海外所在業者であったとしても、日本の居住者のために又は日本の居住者を相手方として金融商品取引を業として行う場合は、金融商品取引業の登録(日本の「金融商品取引法」に基づく登録)が必要です。日本で登録を受けずに金融商品取引業を行うことは、禁止されています。(違反者は罰則の対象となります。)」

つまり、本来であれば日本国内のトレーダーに対して、金融商品取引を業として行う場合は日本の金融庁の登録が必要とのこと。

(日本で営業するなら)海外FX業者は金融商品取引業の登録をしなくてはいけないのです。

しかし、ほぼすべての海外FX業者は登録をしていないため、かなり有名な海外FX業者でも、金融庁から警告を受けています。

そのためか、海外FX業者のホームページには、下の方に小さく「わが社は日本人を対象にしていません」というような文言が散見されます。そもそも日本語版のホームページがあるわけですし、完全に建前であることは言うまでもありませんが、スタンスとしては「日本国籍の人が勝手に申し込んできました」みたいな感じでしょう。

まとめると、警告を受けているし、いつ規制されてもおかしくないが、現時点では違法ではないということです。

 

さて、そうなると、私たちがそのような業者と取引することは大丈夫なのかという新たな疑問が生まれます。以下では、それについて解説していきましょう。

日本国籍の人が海外FXを使用することは違法なのか

結論からいえば、これも違法ではないです。

なぜなら、私たち利用者はどこの業者を使おうと自由だからです。より正確には、そもそも利用者が特定のFX業者を使わなくてはいけない、または使ってはいけないというような法律がありません。そのため、どこの業者を使って取引しようが問題ないのです。

しかし、注意しなければならないことがあります。

話は少し変わりますが、それは、税金です。

海外FX業者は、部分的に日本の法律から外れているため、すべての日本の法律が適用外と勘違いしてしまう人がたまにいます。しかし、レバレッジやゼロカットは金融商品取引法の一部の話であって、税金に関してはまた別で定められているため納税はしなければなりません。また、海外FX業者を利用している場合と国内FX業者を利用している場合によって、課税方法が変わります。知らなかったといえども、脱税には重い罰則規定があるため、注意が必要です。

 

まとめ

結論的には違法ではないが、自己責任で利用しましょうということ。

海外FX業者を用いて取引をしても違法にはなりません。

もう少し踏み込んでいえば、海外FX業者自体は規制されるかもしれませんが、利用者は法律による罰則を受けませんのでご安心ください。

しかし、法律がないということは、逆に法的に守ってもらえないということです。

 

金融庁のホームページにある以下の文言をご覧ください。

「無登録の海外所在業者は、業務の実態等の把握が難しく、仮にトラブルが生じたとしても業者への追及は極めて困難ですので、無登録業者との契約は行わないようにしてください。」

要は、「トラブルがあっても助けられないよ」ということです。

 

つまり、海外FX業者を用いた取引は自己責任ということ。確かに、詐欺まがいな海外FX業者は存在するため、ある程度は自分で調べなければなりません。

とはいっても、有名な海外FX業者であれば安全であることは間違いありません。

日本の金融庁よりも厳しい審査基準でライセンスを付与されているFX業者もたくさんあります。

 

それよりも、自分のトレードスタイルがそのFX業者に合っているかどうかの方が重要です。レバレッジの25倍規制が定められた2011年から現在、レバレッジの上限を10倍にしようという動きがあります。多方面から猛反発があったため計画は頓挫しましたが、日本での規制が強くなりつつあることは明らかです。しかし、海外FX業者はその規制を受けません。

ハイレバレッジやゼロカットシステムはFXにおいてメリット以外のなにものないことは確か。安全な業者か見極めは大事ですが、これからも海外FX業者が人気になっていくでしょう。

XM口座開設